高齢女性に介護脱毛が話題!メリットや費用の目安

身体の不自由が利かなくなり介護を受けることになる、これは決して他人事ではなく、誰の身にも起こり得ることです。

そして、苦労なく行えていた日常的な動作が困難になって介助の手が必要になった時、デリケートゾーンにムダ毛が生えていることによって肌トラブルや衛生面でのトラブルを招きやすくなることから、いざという時の対策として注目をされているのが高齢脱毛になります。

介護脱毛でおすすめの人気脱毛クリニック

湘南美容クリニック
湘南美容クリニック
1回 3回 6回
Vライン 6,070円 17,410円 28,750円
Iライン 6,070円 17,410円 28,750円
Oライン 6,070円 17,410円 28,750円
VIO脱毛セット 14,580円 29,800円 58,000円
▼店舗のある地域
北海道・宮城県・福島県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・岡山県・広島県・香川県・愛媛県・福岡県・熊本県・鹿児島県・沖縄県

公式サイトを見る

レジーナクリニック
レジーナクリニック
1回 5回
Vライン 15,000円 45,000円
Iライン 15,000円 45,000円
Oライン 13,000円 39,000円
VIO脱毛セット 42000円 84,000円
▼店舗のある地域
北海道・宮城県・東京都・神奈川県・大阪府・愛知県・福岡県

公式サイトを見る

TCB東京中央美容外科
TCB東京中央美容外科
初回トライアル 1回 5回 6回 8回 12回
VIO脱毛セット 4,610円 19,800円 90,720円 105,624円 136,512円 191,808円
▼店舗のある地域
宮城県・福島県・静岡県・東京都・埼玉県・栃木県・神奈川県・大阪府・京都府・福岡県・沖縄県

公式サイトを見る

リゼクリニック
リゼクリニック
1回 5回 トライアルプラン(5回)
Vライン 19,900円 59,800円
Iライン 13,300円 39,800円
Oライン 13,300円 39,800円
VIO脱毛セット 44,500円 99,800円 49,800円※

※一部の院限定

▼店舗のある地域
青森県・岩手県・宮城県・福島県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・広島県・福岡県

公式サイトを見る

アリシアクリニック
アリシアクリニック
5回 8回 脱毛し放題
Vライン 96,000円 139,200円 171,600円
Iライン 74,000円 108,800円 136,400円
Oライン 37,000円 54,400円 68,200円
VIO脱毛セット 157,500円 230,400円 297,000円
▼店舗のある地域
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・愛知県

公式サイトを見る

高齢女性に話題の介護脱毛とは?

昨今、美容的な観点からVIO脱毛に関心を持つかたが増えてきています。介護脱毛はデリケートゾーンの脱毛という点では同様ですが、自身介護される側に回った時の時のことを考慮し、前もってアンダーヘアを処理しておくというのが目的です。

毛量を調整したり無毛状態にしておくことで汚物が付着して清潔さを損なわないように、悪臭を発生しないように予め備えておくための脱毛になります。

介護の大変さを身を持って体験している40代、50代のかたに需要を高めている施術です。

介護時のムダ毛トラブルに悩む人は半数以上!

介護において最も苦労するといわれているのが、排泄の介助です。介護される側もする側も、汚物の処理をするという行為には精神的な負担を伴います。

この時にアンダーヘアが生えっぱなしのままだと余計に処理の手間が大きくなってしまうことが、高齢脱毛に関心を集めている理由です。

たとえば、オムツを着用することになった場合、その中で排泄を行うとアンダーヘアにも汚れがこびりつきますので、拭う際にさらに時間をかけてしまうことになりますし、介助される側も恥ずかしい部位を晒す格好を維持してもらわなくてはなりません。

あまり気持ちがいいものではありませんし、機嫌を損ねてしまうこともあるでしょう。かといって、長時間汚物が付着したままの状態でいると痒みや爛れといったトラブルを伴いやすくなります。

また、アンダーヘアがあることで蒸れやすくなり、雑菌を繁殖させて独特の嫌な臭いを放つ原因にもなってとても不快です。

介護をする人の負担を軽減

乳幼児の世話をするのとは異なり、身体の大きな大人の介護をする行為は体力を消耗しますし気も遣います。

介護という仕事には興味があるものの、ハードワークであることから身体がついていかなくなった、精神的にも負担がかかる作業が多く、続けられなくなったというかたも少なくありません。

高齢脱毛は、そんな介助するかたの苦労を少しでも減らすためにできる対策なのです。排泄物を処理して身体を綺麗にする際に、介護するかたの身体を持ち上げ、支えながら作業をしていくのはかなり困難でしょう。

それが、アンダーヘアがないだけで、そこに付着したものを拭う手間も時間も省かれます。衛生的に保たれやすくなることで、臭いで不快感を覚えにくくなるというだけでも気持ちが楽です。

高齢脱毛のメリット

おむつ交換時の臭いを軽減

アンダーヘアがなくなればオムツの中で汗や分泌物で蒸れづらくなり、アンダーヘアに汚物が絡まるのを未然に防げるのがメリットです。オムツを開いた際の臭いを軽減させることができます。

デリケートゾーンの感染症や炎症を防ぐ

下着やオムツの中は蒸れや汚物の付着によって雑菌が繁殖しやすく、アンダーヘアがあることでさらにその温床となります。

清潔さを欠くことで皮膚や毛穴が炎症を起こしたり、思わぬ感染症に罹患しかねません。ですが、予め脱毛をしておけば衛生的に保ちやすくなるため、そのリスクを軽減することが可能です。

介護する側の清拭が楽に

介護するかたに自身の汚物を見せたり、触れさせたりすることには非常に抵抗があるでしょう。ですが、高齢脱毛をしておくことで、なるべく手早く処理を済ませてもらうことが可能です。汚れを視認しやすく、除去しやすい状態になります。

高齢脱毛をする前に注意すること

高齢脱毛は、必要性を感じた段階で早めに開始をすることをおすすめします。脱毛は1回で処理が完了するものではなく、何度も繰り返し施術を受けなければなりません。

時間がある時に、身体が元気な時に始めておかなければ、万が一脱毛が完了する前に介護が必要な身体になってしまえば手遅れになります。

また、施術方法から見ても、年齢を重ねてからの施術は満足の行く仕上がりにできない可能性が出てくるのが問題です。従来の方法では、白髪を脱毛できないというのが理由になります。

白髪だと脱毛ができない場合も

脱毛サロンやクリニックで行われているのは、主にメラニン色素に反応をさせて毛根に熱ダメージを与え、再生力を奪うという脱毛方法です。

いずれも黒い色に反応を示す特殊な光線を用いられていることから、色が薄い肌には負担がかかりません。ですが、白髪も同様に光やレーザーが反応せず、熱処理を行えなくなってしまいます。

高齢脱毛を希望する場合には、アンダーヘアが黒々としているうちに処理を始める必要があるのです。

白髪は、毛穴にハリを刺して処理をする電気脱毛で対策が可能ですが、強い痛みを伴って料金も割高になりますし、たくさんの毛を処理することにも向いていません。

アンダーヘアの白髪は加齢が原因

アンダーヘアの白髪は髪の毛と同様に、年齢とともに減少するメラニンの機能低下によるものが原因の1つです。遺伝的な体質も影響しますが、40代頃から目立ち始めます。

また、ストレスや生活習慣の乱れ、食生活の乱れの影響などによる血行不良も白髪の発生の要因です。増やさない対策も必要ですが、白髪になってしまう前に予め高齢脱毛をしておけば、中途半端に白髪だけ残ってしまうようなこともなく綺麗に処理ができます。

高齢脱毛はどこまで脱毛すればいい?

アンダーヘアはVIOという表現のされ方をすることがよくありますが、アンダーヘアをVライン、Iライン、Oラインという区別の仕方で考えられた言葉であり、Vラインとは正面の股際の部分のことでIラインは性器の周辺、Oラインは肛門周りのことを指しているのです。

介護を受ける時のことを考えるとVラインは毛量の多さから臭いやムレ、かぶれなどの原因となる可能性が高いため無毛にしないとしても薄くして毛量を少なくしておくべき必要があります。

Iラインは介護されている時の排尿による尿などの影響を考えると、脱毛することによる介護者や介護される側のメリットはかなり大きなものになるといえるでしょう。
Oラインも同じく排泄物のこびりつきによる介護負担の増加を考慮すると脱毛することがベストであると言えるのです。

VIO全部を脱毛する(ハイジニーナ)

介護のことを考えて脱毛を検討しているならVIOすべての脱毛がベストであるといえます。
アンダーヘアの毛が完全になくなることで介護負担が減り介護者の時間と労力の負担が減り、介護される側の心理的負担となるアンダーヘアがあるがゆえに処置に手間取ったときなどに、手間をかけさせてしまって申し訳ないという心の負担を軽減することができるのです。

少しのかぶれや感染症が介護状態の時には長引く不快感につながりがちですから、衛生面でもベストな状態であると言えるVIOすべての脱毛が今後は当たり前の時代が来るという事は容易に想像できます。

現時点では介護されるようになる時に備えて高齢脱毛するにはVIOすべての脱毛という選択は抵抗があり、温泉などで人に見られたときに恥ずかしいというような理由からVIOすべての脱毛にためらいを感じている方も多いようですが、衛生面のメリットを考えるといずれは高齢脱毛の主流になると考えられています。

Vラインは残してIOラインは無毛にする

高齢脱毛されている方の中で一番多いのは、IOラインは無毛にしてVラインだけ自然に残すというスタイルです。
Vラインは小さく薄く加工し自然な形で残すことによって見た目には全くナチュラルな状態をキープしながら、介護に備えてIラインとOラインは無毛に処置するというスタイルですから見た目を自然に保つことで高齢脱毛への抵抗感を減らしてくれる施術と言えます。

Vラインには自然な感じに薄くした毛を残すことになりますが、残す毛の量は排泄時に汚物がついたとしても簡単にふき取ることが可能なレベルですから、清潔さを損なうことはありませんので介護時に備えた高齢脱毛の効果は充分に発揮されます。

さらに、性器周りのIラインと肛門周りのOラインは汚物が毛に絡みつくことが多く、毛が生えていることで衛生的な状態を保つことが大変になってしまいますから、無毛状態に処置されたIOラインは介護を受ける時の備えになるだけでなく、現在の日常生活においてもデリケートゾーンをより清潔に保つことでかゆみやにおいを減らしてくれるという効果で施術を受けた直後から高齢脱毛の恩恵を実感することができるのです。

ミドル・シニア世代はアンダーヘアー脱毛に抵抗あり?

ミドル・シニア世代にとっては脱毛するということ自体になじみがなく、今は若い子たちの間で当たり前のように行われているということを知っても、デリケートゾーンを人に見られる恥ずかしさに抵抗があるというような戸惑いを感じる方が多いのです。

アンダーヘアの脱毛にはデリケートゾーンを他人に見られるという恥ずかしさだけでなく、若い子が多い脱毛サロンに行きづらい、店舗が多すぎてどこを選んでいいのかわからないなどの様々な高齢脱毛へのハードルが存在します。

高齢脱毛はエチケットとして定着

脱毛経験があるという方は30代では43%、40代で26%となっており、実際に脱毛を経験したという方がこれだけいるということは、かなり高い割合で脱毛に興味や関心を持つ人が多いということがうかがい知れます。

これは30代や40代で親の介護を実際に経験したことで、自分が介護される側になったときの介護する側と介護される側の事情が体験を通して理解できたことにより、自分が介護されるときに備えて高齢脱毛が必要であると感じ関心を持ったり実際に脱毛をしたりする人が増えているということの証明でもあるのです。

実際に介護を経験するとアンダーヘアが介護に与える負担の大きさというものが実感できますから、介護してくれる人の負担を減らしたいという気持ちと介護される本人も短時間で簡単に処置してもらった方が恥ずかしくないなどの、高齢脱毛のもたらすメリットを肌で感じたからこそ高齢脱毛への抵抗感を乗り越えて一歩生み出した結果といえます。

今現在日本においてアンダーヘアの脱毛は他人への配慮として定着しつつあり、超高齢化社会を世界に先駆けて迎える介護大国としての日本のスタンダードとなることは間違いありません。

高齢脱毛を提供する専門のサロンの増加に伴いミドル・シニア層の脱毛経験者の数もここ10年で倍増しているという結果も出ており、もともと他人様に迷惑をかけてはいけないという精神が浸透していたこの国において、介護に備えたエチケットとしての高齢脱毛の定着は必然であったのです。

高齢脱毛をするなら40代からがおすすめ

高齢脱毛は介護する側される側の双方に介護による肉体的、精神的負担を軽くしてくれる効果が実証されていることで、介護を受けるための準備として大変メリットの大きなものです。

しかし、今の脱毛技術においては白髪になってしまってからの脱毛は難しく、介護に備えた脱毛を考えるなら白髪になる前の40代くらいから高齢脱毛について考えていく必要がありますし、肌の黒ずみや痛みの感じ方という要素を考慮してもやはりまだ若さのある40代からの高齢脱毛がより良い選択となります。

脱毛エステや医療脱毛などのサロンやクリニックが数多く出そろっており、希望に沿った施術やアフターケアをしてくれる店舗を必ず見つけることができますし、VIOに特化した専門店から気軽に試せるサロンまで高齢脱毛への第一歩を踏み出すための選択肢は数多く用意されていますから、高齢脱毛のみで堅苦しく考えるより美肌効果も期待できるコースを体験するなどのプラスαで気軽に始めてみるのも良いでしょう。

NHKでも特集!話題になっている高齢脱毛

NHKでも高齢脱毛を取り上げた特集が放送され、自身の介護経験から介護する時のアンダーヘアによる時間や手間の増加を知って高齢脱毛を決めたという方の例を取り上げ、アンダーヘアがない方がいいに決まっているけど自分はそこまでする気はない、という人たちの考え方を変えるほどのアンダーヘアによる介護の負担の増加という現実を明らかにすることで反響を呼びました。

高齢脱毛は男性にもおすすめ!

女性の高齢脱毛は徐々に浸透して定着への流れを確実なものとしつつありますが、男性においては完全なるアウトオブスコープで考えたこともないし言われても興味が全くないというような状態です。

男性の高齢脱毛の道のりはかなり長くなることを覚悟せざるを得ませんが、男性の高齢脱毛にも快適な介護生活を送るためのカギが隠されているということを知る必要があります。男性のアンダーヘアは女性よりも太さや長さ、毛量多さなどの点で介護される状態になったときにかぶれやかゆみ、ムレなどの原因となる要素が大きいにもかかわらず、そのことに無頓着である人が大半をしめます。

介護を受けるという状態においては、わずかな不快感といえども介護生活の快適度を大きく左右する可能性がある以上は男性も高齢脱毛をして備えることが大切です。

きれいになくすには脱毛クリニック選びが重要!

医療脱毛を受ければその後毛が生えてくることはないと誰もが考えますが、永久脱毛は施術後一ヶ月たった時点で毛の再生率が20%以下の状態と定義されていますから、医療脱毛認可されているクリニックで医療脱毛を受けることが今の医学で実現可能な永久脱毛を手に入れる唯一の手段となります。

医療脱毛には医療レーザー脱毛とニードル脱毛があり、どちらも効果の高さを実現するための高い出力のマシンを使用するため専門的な知識のある医師の施術が必要とされていますから、確実な効果とその持続を求めるならば医療脱毛を選ぶべきです。

高齢脱毛で施術後の満足感を得るためには、自分の望む脱毛をかなえてくれるクリニックを選ぶことが大切です。
医療脱毛はその効果の高さの反面肌への負担も増加し肌トラブルを引き起こすリスクも含んでいますから、敏感肌やアレルギーの人はより慎重にクリニックを選ぶ必要があります。

脱毛のトラブル回避のためにはクリニックにとってマイナスである脱毛リスクについてもきちんとした説明があるか、施術に使用するマシンの説明やこちらの疑問に対する回答が親切かつ丁寧であるかなどのチェックを行うことが欠かせません。

サイトマップ